Black オイル

 SLFチェーン用オイルにPTFEパウダーと浸透性の良い固体潤滑剤を添加したオイルです。基油にはUCIプロチームも使う生分解性のものと同じものを使用しています。 PTFEパウダーは常温環境下では最も低い摩擦係数を示す固体潤滑剤です。PTFEでは浸透性が悪いので、浸透性の良い固体潤滑剤をさらに添加、ロスの多いチェーンのピンまで固体潤滑剤が浸透いたします。 さらに本添加物は浸透性だけでなく付着性が極めて高く、一度付着すると水で完全に落とすのが難しい性質があり、雨天時のレースにも力を発揮致します。さほど珍しい添加物ではないのですが、色が黒くなるため他のメーカー様はあまり使いたがらないようです。見た目は黒いですが人体に対してもちろん無害です。


 今回開発に当たって固体潤滑剤の粒径にもこだわり、原料メーカーと入念な打ち合わせのもと粒径を決定しました。粒径の大きなものは手で触っても滑らかな感じがしませんが、最適な粒径のものは手で触ると固体なのにまるでオイルのような滑らかな手触りがあります。 その後、水で手を洗いましたが全く落ちず、洗剤を使用すると簡単に落ちました。なかなか強力です。


 雨の日の決戦レースに特に効果を発揮致します。雨によりチェーンオイルが落ちるとノーマルチェーンでは10%も効率が落ちてしまいます。 雨のレースで300ワット走行時に約30ワットもアドバンテージを得る事ができます。効果を特に感じたい場合は毎走行前に塗布して下さい。

ラインナップ 

Black oil 100ml 1090円(税別)

※2018.1.1 洗浄性向上のため成分調整しました。


(※SACRA製品全て送料無料となります。本製品のみでの代引きでのご注文はできません。)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
クレジットカード決済の方はこちらよりご購入下さい。
Paypal登録がなくてもクレジットカードで決済可能です。

 

ところでチェーンオイルに固体潤滑剤ってホントにいるの??

 必要です。以下のチェーンの断面図で解説致します。チェーンの駆動ロスは主に内プレートとピンの
間に発生する摩擦によるロスに起因します。これはチェーンとチェーンリング・スプロケットの磨耗
する速度から容易に推察可能で、チェーンの伸びに対して、チェーンリング・スプロケットの磨耗速度
は約1/10程度だからです。ちなみにチェーンが伸びる原因はピンが磨耗するためで、プレートが
塑性変形で伸びているわけではありません。

 ロスの原因が分かったところで、摩擦の大きいピンの拡大図から潤滑状態を推察していきます。
約1000倍程度にピンと内プレートを拡大したイメージです。ピンと内プレートの間の油膜厚さ
はEHL理論(弾性流体潤滑理論:工学の数式の1つで速度、粘性、圧力、圧力粘性係数から油膜厚さ
を計算する方法)から簡単に計算でき約1μm程度と極薄です。それに対して内プレートは磨かれて
おらず目視でも1μm以下の粗さで無いことは明らかです。ざらざらです。ピンは磨かれているため
滑らかです。内プレートは油膜厚さよりも表面が粗いためところどころ金属接触が生じます。
この金属接触を防ぐために固体潤滑剤が必要になります。特に内プレートのでこぼこの中に浸透する
固体潤滑剤が好ましく、今回の潤滑剤はこの条件に向いていると言えます。

従来の潤滑状態

Black Oilの作用図