IGNITE(イグナイト)

 
(※SACRA製品全て送料無料となります。)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
クレジットカード決済の方はこちらよりご購入下さい。
Paypal登録がなくてもクレジットカードで決済可能です。

1.カーボンエアロスポークにより超軽量化、高剛性化!
わずか2.9gのカーボンエアロスポークの採用により従来スポークに対して32%の軽量化と高剛性を実現しました。
これまでにない軽快さとロスの無い進むホイールを実現しました。
ホイールセット重量で1330g!


2.チューブレスレディで6ワット転がり抵抗を低減!
(※体重65kg、バイク7kg、装備1kg、48km/hで走行時を想定)
タイヤビードは洗剤、シーラントなしでフロアポンプで簡単に上がります。(TLR推奨タイヤ:ユッチンソン、MAVIC、クリンチャータイヤとの併用可。)

3.SACRAオリジナルミスリルハブで駆動時のスポークのたわみを低減!
75mmの大径フランジを採用。スポークをハブに対してほぼ垂直に配置。ワイドフランジと2:1組みで高い駆動剛性と横剛性を実現!
カーボンスエアロポークとの組み合わせで最高に進むホイールとなっています。


4.2年間の手厚い保証!
自損・他損・落車を問わず半年まで40%オフ、2年まで20%オフにてご提供させて頂きます。

5.主要緒元

6.【IGNITEホイール開発後記】

 今回はSACRA初のアルミリムホイールです。エアロにするか軽量にするか高剛性にするか新機能を追加するか様々な検討を行ったのですが、エアロにすると重量が2kgほどとなりそうでしたのでSACRA初のアルミリムホイールは軽量・高剛性をコンセプトにする以外に道が無いという結論に至りました。どこのホイールメーカーも同様のコンセプトのホイールばかりですがSACRAとしてはやはり他所にない突き抜けた性能を追求したいですし、軽量・高剛性という基本性能の追求というのはシンプルでありながら実はかなり強力なコンセプトです。ということで突き抜けた軽量・高剛性ホイールを作ろうということでカーボンスポークとアルミリムの組み合わせとしました。これにより軽量・高剛性を実現できさらに他のメーカーにない構成になり従来のアルミホイールと乗り比べをして楽しんで頂けます。

 乗り味についてですが、軽量化にもかなり性能を振りましたので高剛性というよりもちょうど良いくらいの剛性となっています。スプリントで1400ワットを出せるテストライダーによると従来の1460gのアルミホイールよりも硬く進むとのことです。またカーボンスポークのウィップや振動吸収性のようなものも感じているようでしたのでかなり楽しんで頂ける万能ヒルクライムホイールとなっています。

7.【IGNITEロゴ開発後記】

 カーボンスポークを採用するにあたりIGNITEのロゴの作成の必要がありました。そこで今回も大手自動車メーカーのデザイナーさんにプライベートで作成して頂きました。IGNITEロゴのコンセプトはカーボンスポークの特徴を示すものですので1.テクノロジー感 2.剛性感 3.軽量性(1と重複?)を感じるものという条件でいくつかのロゴ作成しました。


これらのロゴを作成当初は実は真ん中のロゴがハイテク感と高級感があって良いということで進めていたのですが、

ホイールにしてみるとロゴが見えにくいという事がわかり、現在の太いロゴがベストとなりました。


【エイジサイクル・岩島啓太選手のインプレッション】

ツールド沖縄市民200kmクラス優勝、ジャパンカップオープン優勝、ツアーオブジャパン・ツールド北海道上位完走されているトップライダーです!

 まず気になるのは前作から大きく変わった部分であるカーボンスポークの感触です。乗る前は高い剛性感を想像しましたが、路面からの衝撃を緩和させるような非常に滑らかな乗り心地でした。これはKYLE3、5、アルミリムモデル共通の感触なので、カーボンスポークの持ち味なのでしょう。 かと言って軽快感が無いわけではなく、逆に絶妙にしなるばね感が小気味良くバイクを進ませてくれる感じでした。 剛性感と軽快感を高いバランスで両立させた不思議な感触のホイールだと思います。

【剛性感】
 KYLE5>アルミ>KYLE3 乗り手のパワー・体重でベストな相性のリムの選択肢が変わってくると思います。KYLE3は体重65kg以上の私にとっては若干剛性不足で、KYLE5が一番好感触でした。50kg台の方にはKYLE3の方が良いかも知れません。

【巡航性】
 KYLE5=KYLE3>アルミ 40km/h前後の速度域での巡航性はKYLE3、5共に優れていて大きな差は感じられませんでした。敢えて言うならKYLE5のほうが若干直進性が強く感じられた程度の違いです。

【ブレーキ性能】
 アルミ>KYLE5=KYLE3 ブレーキ性能と扱いやすさを重視するならアルミリム モデルを選ぶと良いでしょう。 KYLEのブレーキ性能は特に不満は無かったのですが、カーボンリム用ブレーキシューを使ったほうがコントロールしやすくなりました。

 新作KYLE IGNITEはレースで勝てる性能に快適性をプラスした魅力あるホイールに仕上がっていると思います。 特にツールドおきなわのようなアップダウンのある長距離レースでその実力をいかんなく発揮できそうです。 様々な剛性感を持つバイクに組み合わせてもバランスを取れる懐の深さを感じました。

TIME NXR INSTINCT
SCOTT FOIL PREMIUM
VITTORIA CORSA CL 25C SOYO ブチルチューブ 6.0BAR
各150km走行 にて評価。