KYLE3(カイル3)


(※SACRA製品全て送料無料となります。)
(ご注文後カラーオーダー等のホイール仕様についてご連絡致します。)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
クレジットカード決済の方はこちらよりご購入下さい。
Paypal登録がなくてもクレジットカードで決済可能です。

1.JAXAにて風洞実験!11.9ワット抵抗を低減!
(※48km/hで走行時の前後ホイールで軽減できる抵抗値です。)


2.チューブレスレディ(TLR)で6ワット転がり抵抗を低減!
(※体重65kg、バイク7kg、装備1kg、48km/hで走行時を想定)
アップチャージなしでチューブレスレディを選択可能になりました。
空気抵抗の抵抗低減と合わせると17.9ワットもの抵抗を低減できます。
タイヤビードは洗剤、シーラントなしでフロアポンプで簡単に上がります。
(TLR推奨タイヤ:ユッチンソン、MAVIC)

3.リムを50g軽量化!
高弾性カーボンを使用。剛性も耐熱性も下げることなく軽量化を行いました。同クラスでトップクラスの軽量ホイールとなります。
リム幅を28mmへスーパーワイド化したことにより軽量化しつつも高い横剛性を実現しました。

チューブレスレディリム(TLR):401g クリンチャーリム(CL):398g チューブラーリム(TU):304g 

(リム10本の実測平均重量です。)

4.SACRAオリジナルのミスリルハブで駆動時のスポークのたわみを30%低減!
82mmの大径フランジを採用。スポークをハブに対してほぼ垂直に配置。ワイドフランジと2:1組みで高い駆動剛性と横剛性を実現!さらにストレートスポーク(SAPIM CX-RAY)を標準化。

5.SACRAフランジチェンジシステムを採用!
フランジを交換することで好きな組み方、スポーク数、スタイルを選ぶことが出来ます。(交換フランジは別売りで発売予定です。)


6.日本製NTN非接触シールベアリングを採用!

高清浄度鋼により高い耐久性と非接触シールにより低抵抗を実現しました。



7.SACRAオリジナル技術振動吸収層DBRを選択可能!
ノーアップチャージにてDBRが選択可能となりました。ロングライド用ホイールをお求めの方はご選択下さい。特に振動吸収性を期待される場合はDBサースターを併用して下さい。(リム重量+30gとなります。)

8.カラーオーダー可能!(アップチャージなし)


豊富なカラーから選択可能です。こちらより色を選びご連絡ください。ゴールドやシルバーも選択頂けます。ロゴとデザインラインの色変えとなります。(カラーオーダーをご選択頂いた場合、納期1ヶ月前後かかります。)

9.2年間の手厚い保証!
自損・他損・落車を問わず半年まで50%オフ、2年まで30%オフにてご提供させて頂きます。

10.主要緒元

11.テストライダーインプレッション
【Bicicllet SHIDO沖縄 中尾店長によるインプレッション】
ツールド北海道優勝、ツールド宮古島優勝、ツールド沖縄で毎年上位にランクインされているトップライダーです。

Kyle3CL ワイド化により、剛性が上がったのが感じられる。特に横剛性 また、リム重量も軽くなったことにより、上りもより軽やかに感じる。 空力も良好で、横風にはより強くなったように感じます。 

Kyle5CL 今回1番よくなったと感じるモデル。 まず、重量がかなり軽くなったことで、引きずる感じもなく上りも十分にこなせる(1時間級のヒルクライムならKyle3の方が向いてます。) ワイド化により、剛性アップも体感できた。Kyle3に比べ、横風は若干影響することもあるが、直進性はKyle3より遥かに優れる。 重量は1300g前後に抑えられたことで、非常にバランスの取れたホイールと感じられた。

12.【KYLEホイール開発後記】
しばらくしたら載せます。最近は開発後記を書くのが楽しみで開発している感じです。

【ホイールの効果について】

実験値を元に各速度でのKYLE3を使用することで低減できるワットを計算しグラフ化しました。


20[km/h]で4.5ワット、30[km/h]で8ワット、40[km/h]で13ワット、50[km/h]で19ワット抵抗を低減できます。

【リム重量について】

リム10本の実測重量を掲載いたしましす。

【デザインについて】

今回のデザイン制作にあたって某大手自動車メーカーのデザイナーにプライベートで作成して頂きました。以下のようにデザイン方針を決めるためにロゴ配置から検討を行いました。


この中からSACRAのデザインイメージに特に合致するものをと検討を重ね03番をベースに決定しました。ロゴだけでは寂しいのでさらにデザインに動きをつけました。




ここで3ロゴよりもややシンプルにという検討をいれて以下の2ロゴへとなりました。

最終的に10番がSACRAらしくシンプルでカラーオーダーにも映えるということで決定となりました。いずれのデザインも良くできていて、SACRA内部で人気投票を行ったのですがほぼ全てのデザインに人気が均等にばらける結果になりました。人気投票では決定できなかったのでSACRAの目指すデザインという観点から決定したという経緯です。